いたるところに生息|業者に任せたほうがいいイタチ駆除|今以上の被害を受けない為に
ウーマン

業者に任せたほうがいいイタチ駆除|今以上の被害を受けない為に

いたるところに生息

ハクビシン

悪臭被害

ハクビシンは雑食性が強く、民家とつかず離れずの生活を送っています。そのため奥山には進出できないでいます。毛は灰色か黒みがかった褐色で、頭頂から鼻にかけて一本の筋が入り、目の下に半三日月と耳の下に白斑があります。200年に流行したSARSの感染源ではないかと疑われて、一気に注目を浴びました。夜行性で都市の公園や緑地にも、頻繁に表れています。ハクビシンは広域に分布していて、個体数の増加に伴って農作物や果実の食害があって、狩猟獣に指定されています。家屋に住みつくと糞尿による悪臭被害が起こってしまいます。建物に寄り添って立っている木があると、これを足掛かりにして屋根裏に住みついてしまい、悪臭被害を起こします。対策としては建物の近くに木を植えないことにつきます。

屋根裏に棲みついた

ハクビシンが住居に棲みついてしまった時にはどうすればよいか、対策としては個体を捕獲してしまうしか方法がありません。ハクビシンが糞尿をするときは、狸と同じで一定の場所で行う習性をもっていますので、糞尿がたまってくると悪臭被害が起こってきます。対策として専門業者に依頼して、罠を仕掛けてもらいハクビシンを捕獲するしか対策がありません。専門業者は糞尿をしに来たところに罠をかけて、捕獲していきます。糞尿をする場所までの道のりも専門業者ならばわかりますので、その通り道にも罠をかけて捕獲していきます。捕獲をすることで悪臭の被害から逃れることもできます。家の周りに、屋根裏などに伝っていくことができるような木があるときには、すぐに処分をしてください。