作業員

業者に任せたほうがいいイタチ駆除|今以上の被害を受けない為に

害獣の被害は早めに対策

ウーマン

害獣駆除業者が人気の理由は、アライグマやイタチなど様々な害獣が駆除対象になっていることです。また、依頼から駆除作業までのとりかかりも速くなっています。そして特徴は、基本的に見積もりの料金が全てで追加料金が発生しないことや、再発保証を付けてくれる業者もあることです。

もっと読む

いたるところに生息

ハクビシン

SARSの感染源として、一躍有名になったのがハクビシンです。日本のいたるところに棲んでいます。住居の屋根裏などに棲みついてしまうと、糞尿による悪臭被害が起こってきます。家の周囲に屋根裏に伝っていくことができる木があれば、それを処分することがまず対策になります。

もっと読む

駆除の際に注意すること

鼬

イタチは家の中に侵入すると繁殖を繰り返してその数を増やしてしまいます。そのため、人間に多くの害をもたらします。したがって、イタチ駆除は非常に重要です。イタチ駆除の方法には捕獲が原則になります。捕獲ケージを用意して、その中にイタチが好きそうな食べ物を入れておきます。たとえば、ソーセージや果物などです。ただし、イタチの雌に関しては捕獲することは禁止されていますので、注意が必要です。捕獲ケージは天井裏に設置するのが一般的です。また、捕獲以外のイタチ駆除方法には追い出す方法もあります。この場合は忌避剤を用いてイタチが侵入してきそうな入口に置いておきます。屋外に置く場合は固形タイプの忌避剤を使うと風など飛ばされなくていいです。

イタチの習性として同じ場所に排泄物をする傾向があります。そこがそのイタチにとっての縄張りになるからです。イタチ駆除をするときに糞を見つけておくと捕獲しやすいです。捕獲した後はきちんと排泄物を除去・掃除しましょう。また、消毒作業も必要です。雑菌と寄生虫が糞にはついている可能性があるからです。このように、イタチ駆除においては糞の扱いも重要です。ちなみに、イタチは駆除するときには自身が所属している地方自治体に捕獲許可申請をする必要があります。鳥獣保護法などの法律によって保護されている動物ですので、無断で捕獲することは禁止されています。十分に注意を払った上で行いましょう。そうした手続きが面倒くさい場合は専門業者に依頼するといいでしょう。

凶暴な動物

アライグマ

アライグマは一時期ペットとしても人気のある動物でした。しかし、その愛らしさからは想像ができないほど凶暴な動物でもあります。農家への食の被害や、天井裏に侵入されてしまう被害もあります。アライグマの被害だとわかった場合、早めの駆除が必要となります。

もっと読む